読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

わくわく夫婦の嫁日記~ただいま世界一周中~

中学校教員夫婦から、世界一周夫婦になった嫁の旅行中の徒然日記

ハワイ島③:アカカフォールズ・キラウエア火山

ワイ島の北西部にあるアカカフォールズ。

 

アカカという勇者が妻に不義理をしたことを悔い身投げした崖で、妻が悲しみの涙を流してできたという伝説のある滝(諸説あり)。

 

ぐるっとめぐると1時間ほどかかる周遊道は、閉鎖中。

f:id:happyfrogkeru:20170422052749j:plain

 

駐車場(5ドル)から5分ほど歩くと、アカカの滝を見ることができます。

f:id:happyfrogkeru:20170422052939j:plain

これ以上近づくことできないのが残念ですが、滝の水の落ちる音とそのスケールはやはり圧倒されます。

解説によると、ナイアガラの滝は52m、アカカの滝は135mでアカカの勝ちだとか。世界の名だたる滝も見て圧倒されたいなぁと妄想は膨らみます。

 

その後、ヒロ地区でメリーモナークというフラダンスの世界大会が行われていたので近くまで行ってみました。チケットはすぐに完売してるけど余ったチケットを売っている人がいるらしいということで近くをうろつくも、どうやらもう遅かったよう。(PM6時開演で、着いたのが6時前だったのです。街の雰囲気だけ味わってきました。

 

そこから車を走らせること30分。

いよいよキラウエア火山へ!

7時ごろに到着すると、日も暮れて噴火口を観るのに絶好のコンディションに。

ビジターセンターの近くにあるボルケイノビレッジというホテルのビューポイントから噴火口も圧巻。しばらく車を走らせ、ジャガーミュージアムからの景色も圧巻。自然の偉大さを前に、ちっぽけな自分がすがすがしく感じます。

f:id:happyfrogkeru:20170422055046j:plain

私のカメラテクニックの限界をはるか超えた景色でした。

Honuを見て幸せに

Kahalu'u Beach Parkというシュノーケルのできるビーチへ行ってきました。

 

ゲストハウス(Ku Ke Aloha)から車でおよそ20分ほどで到着。

駐車場無料、ライフガード付きで家族連れでにぎわうビーチです。

 

ベンチもあるので、荷物を置きシュノーケルセットを借りることに。

f:id:happyfrogkeru:20170421052407j:plain

この日はたまたま日本人のスタッフさんがいらっしゃる日(火、水)でした。

 

フィンとマスク、シュノーケルを借りて13.5ドル、いづれか1つは5.25ドルです。すべて海の環境保全のために使われると聞き、なんだかうれしい気持ちになってしまいました。ちなみに、領収書を持っていくと、2回目からはフルセットが8.5ドルで借りられるそうです。

 

マスクとフィンのサイズも丁寧に見ていただけるし、オリエンテーションもあるので初めてでも安心してトライできます。カメさんが21匹生息しているそうで、がぜんやる気に。いざ海へ!!

f:id:happyfrogkeru:20170421055342j:plain

どれだけ見れるかな??

f:id:happyfrogkeru:20170421055509j:plain

こちらは固有種

 

溶岩でできたビーチで砂が少ない分、視界もクリア。すぐにおさかなさんたちに遭遇しました。

f:id:happyfrogkeru:20170421060031j:plain

目の前を悠然と通り過ぎるおさかなさん。

f:id:happyfrogkeru:20170421060241j:plain

ウツボもいた!

f:id:happyfrogkeru:20170421060521j:plain

 

 

夢中になって激写している私に突然その時はやってきました!

f:id:happyfrogkeru:20170421060728j:plain

まるで、空を飛んでいるように私の前を通り過ぎるカメさん。

もっと上手にとりたかった!

 

カメのことをハワイ語でHonuといい、見ると幸せになれるとのこと。”今でも幸せだと思うけど、もっと幸せになれるね!”と。その後も、おすすめのスポットを教えてもらって、とても親切にしていただきました。こういう出会いが、すでに幸せを感じる時間です。

 

ここは、遠浅なのでもっと深いところがいい人は2 stepsというポイントがおすすめだとか。見られるおさかなさんはどちらも同じだそうです。

ハワイ島にやってきました!

世界一周前に、私の人生に欠かせない方たちと一緒にハワイにやってきました!

 

初めの1週間は、ワイキキで日本人丸出しではしゃぎ、昨日から、夫婦2人でハワイ島(Big Island)に移動。”Ku Ke Aloha”というゲストハウスにお世話になっています。

 

Island airでホノルルからコナへ。Island airのHPで直接チケットを取って往復1人150ドル。預かり荷物1つにつき15ドルでした(重量によって金額が決まるので、タグに重量が記入されます)。

ちょうどプロペラが見える位置の座席でしたが、軽自動車が本当に全力出し切って走っているかのようにフル稼働で頑張る機体。全身をもみほぐすマッサージチェアばりのシートの振動に心躍る1時間。あっという間にコナ空港に到着します。

f:id:happyfrogkeru:20170420055137j:plain

空港レンタカーの場所を探すと、シャトルバスが待っている。どうやら別の場所へ移動

 して手続きをするようです。必要なところだけ切り拓き、できるだけ自然をそのままにしているその雰囲気がとても気に入りました。

 

自然の中にお店や家がぽつぽつと並び、自然の音にあふれる島。

レンタカーは必須です。

原体験の旅~”べき思考”からの解放~

f:id:happyfrogkeru:20161009180551j:plainいろは出版

                 ”The Journey 自分の生き方をつくる原体験の旅”

 

 私にとっての原体験の旅は、20の頃妹と行ったインドの旅。伯父のインド出身の知り合いがチケットを取ってくださり、ムンバイからアグラ、アジャンタ、エローラ、ジャイプールそしてデリーへと抜ける約1か月の旅です。

 

 ヒンドゥー教、ガンディー、タージマハル…。学の浅い私の知っているインドはそのくらい。勧められるままのコースを、妹と2人で巡る旅。どこへ行っても、土埃と喧騒、そしてカレーのにおい立ち込める町に、大声で話しかけてくるインド人。怒られてるのか、商売をするつもりなのか、はたまた優しさなのか…。なにもかもが強烈すぎて、旅が始まってそうそうにホームシックになってしまいました。

 

 それでも、やはりインドは素晴らしい国。朝焼けに照らされたタージマハル。たたずまいだけで圧巻のアジャンタ、エローラの石窟。散歩をするだけでワクワクしてしまうカラフルな街並みのジャイプール。偉大な先人たちの生きざまが垣間見える遺跡に次々と出会い、ちっぽけな自分がむしろ痛快になる毎日でした。

 

 そんな中、ジャイプールで出会ったおじさんの一言は、私の心の持ち方を大きく変えてくれるものでした。道端で出会ったそのおじさんから、何かを問われ、少し考え込んでしまった、私たち姉妹。そのときおじさんはこう言いました。        

         ”考えてはダメ。考えるとブスになるよ。”

考えたらダメ??よく考えなさいと言われたことはあっても、考えるなとアドバイスする大人に今まで出会ったことがあったでしょうか?日本にいたらきっと受けないであろうこのアドバイスと、いちいち常識を破ってくる旅の毎日が相まって、この一言に大きな衝撃を受けてしまいました。

 

 それまでの私は、何事も”~すべき”、”~しなきゃいけない”と考え、とても窮屈な思いをして生きていました。けれど、一歩日本を出ると、今まで自分が正しいと思っていたことは、別に唯一無二の正解だったわけではなく、常識でもない。すべきことなんて一つもないんだと思うと、急に心が楽になりました。

 

 以来、私は”~すべき”という考え方を”べき思考”と呼んでいます。べき思考から解放されると、人生の選択肢は増え、今までよりもっと自由でいろいろなことにチャレンジしている自分に気づきました。

 

 大きな影響を与えてもらった、インド。きっと、そこにはもっともっと魅力的でたまらない世界がまだまだ待っているはず。また再びインドに心揺さぶられる日が待ち遠しく、わくわくが止まりません。

 

週末台湾へ。温泉で、心まで温まる。

今週末のお休みにでも、行こうと思えば行けちゃう台湾。

私は、台湾の優しさが大好きです。

f:id:happyfrogkeru:20161003235705j:plain台北市中山区にある高家荘。

           モチモチの米粉のおうどんは、何杯でもいけちゃうおいしさ!

 

 

穏やかな気候に、優しい味のおいしい料理、レトロでなんだかほっこりする街並み、

そして笑顔の素敵な地元の人たち…。

 

今日は、そんな素敵な地元の方々と旅の疲れを癒しながら、

のんびりとした時間を過ごせる場所をご紹介します。

 

MRTを乗り継ぎ、淡水線の新北投駅へ。

台北から1時間足らずのところに北投(ペイトウ)温泉があります。

 

日本の温泉街さながらの、のんびりとした風景を楽しみながら坂を上がると現れる、

大衆露天温泉。

2時間入れ替え制、水着着用の混浴温泉です。

 

着替え場所も、トイレもきれいで女子1人でも、グループでも十分楽しめる場所。

チケットの買い方や入浴マナーがわからなくても、

地元の方が優しく、さりげなく教えてくれます。

 

どこから来たのか、今日はどこへ行くのか、おすすめのお店やお土産ものなどなど、

地元の人と楽しくおしゃべりしながら、ゆっくりお湯につかる。

日本にいると、忘れてしまいがちな、のんびりとした時間がそこには流れています。

 

若いお兄さん「マンゴーもトランクに入れたら、もって帰れるよ!」

私「ほんとに!?」

若いお兄さん「ほんとほんと!」

穏やかな笑顔のおじいさん「そんなとこで冒険してはいけないよ…」

 

”おじいちゃんを思い出すなぁ。この年代の方とお話するの、久しぶり”

 

じわっと心まで温まる大衆温泉。

また一つ、大好きな場所が増えました。

 

いくつになっても、新しいチャレンジを

初めまして!

毎日をhappyに過ごす旅行大好き30代女子、keruです。

 

20代のころ、毎年新しいことにチャレンジする!と意気込み、サーフィンをしてみたり、旅先で気球やセスナに乗ってみたり…。大きいことから、日常の些細なことまで、「とりあえず、やってみる」をモットーに過ごしていました。

 

それがいつのころからか、日々の生活をこなすだけの毎日になっていることに気付いてしまった今日!

「とりあえず、やってみる」と始めたこのブログ。

 

旅先での感動や、ハプニング。純粋に楽しかった、おいしかったこと。

などなど、読んでいただいた方に、ちょっとした元気や勇気を持って帰っていただけるようなお話ができたら、と思っています。

 

keruの新しいチャレンジ!!(大げさ?)

スタートです。

f:id:happyfrogkeru:20161002135154j:plain メキシコは遺跡好きにはたまらない国!

              人も温かく、また行きたい国の1つです。